シルバー製品のお手入れについて

当ショップのシルバーのアクセサリーのほとんどは、スターリングシルバーとも言われる
silver 925と 一部のものは、 silver 950  で出来ています。

では、silver 925、950 とは、どういう意味なのでしょうか?

これは、銀の含有率を表しています。
950は、100gに対し95%、つまり95gの銀を含んでいます。
925は、92.5%で、92.5gということになります。
では、後の残りはというと当工房では、銅を加えています。


銀製品は、100%銀じゃないの?という方もいらっしゃるかもしれません。
100%のものを純銀といいますが、アクセサリーにするには、柔らかく、強度を出すために 銅を混ぜて作ります。
5%の銅が入るだけでも、硬くなります。
スターリングシルバーは、7.5%の銅が入るわけですが、これは鋳造という技法で作るのに適しています。


純銀はそれほど早く変色しませんが、少しの銅が入ることにより、変色しやすくなります。
よく「さびる」という方がいらっしゃいますが、鉄と違って、銀は酸化して腐食するわけではありません。

空気中の硫黄分に反応して黒くなります。
最初から黒く仕上げて、アンティーク風な感じにもするぐらいですから、黒くなっても味が出てくるものですが、デザインによっては、気になる方もいらっしゃるかと思います。

そんなときは、市販で銀をきれいにする液体があります。
銀の製品をつけるとすぐにきれいになります。
これは薬品ですので注意が必要で、使った後は、水洗いが必要です。
シルバークリーナーなどで検索してみてください。

また、珊瑚やパール、トルコ石、ラピスラズリなど、つけてはいけない石もあるので注意が必要です。
また、クリーム状の銀磨きもあります。

そういうものが手に入らないときには、ご家庭にあるもので簡単にお手入れできる方法をお教えします。

用意するもの

  ・アルミホイル 10cm×10cm程度
  ・重曹(炭酸水素ナトリウム) 少々
  ・お湯 熱湯まで熱くなくてもOKですが、熱い方が反応がいいです。
  ・耐熱容器 お湯の温度に耐えられるもの(火にかけるわけではありません)

   1 容器にアルミホイルを入れます。
   2 銀製品をその上に置きます。
   3 容器にお湯を入れます。
   4 重曹を少々入れます。
   5 見る見るきれいになります。やけどをしないように銀製品を取り出し、軽く水洗いすればOKです。

重曹は、いろいろと掃除などにも使え、ひとつあると重宝します。食品にも使うものなので安心です。
真っ黒になってしまった銀食器でも、簡単にきれいになります。ぜひお試しを。

銀は、硫黄と反応し黒くなりますので、温泉に入るときは、必ずはずして入ってください。
あっという間に、真っ黒になります。
温泉街の空気にも反応しますので、少し茶色くなるかもしれません。

もし、どうしても手に負えないなと思われたり、自分でクリーニングするのは心配といわれる方は、
当工房までお送りください。
当店の製品であれば、送料のご負担だけで、いつでも無料でクリーニングいたします。

他店のものは、実際に見せていただかないと、判断が出来ず、お送りいただいても責任が取れません。
そこのところをご理解いただき、ご容赦ください。